Appleが購読規制を緩和(Engadget Jp)

 

いつの間にかアップルがApp Storeの審査ガイドラインを書き換えていたことが発覚しました。MacRumorsが報じたもので、話題となった前述の「独自ストアでコンテンツを利用する場合も同条件かApp Storeが有利なかたちにするよう」という条件が消えています。つまり、出版社や新聞社は、App Store内での価格設定に関わらず、好きな価格で独自ストアを展開できるということ。
新聞社が iOS 用ウェブアプリでアップル税に対抗、アップルは規制を緩和(Engadget Jp)

ソース元のMacRumorsの記事も読むと、App外で購読申し込みをした顧客がApp内でコンテンツを楽しむことも許可する、とある(つまりIn-app purchaseを通さないのでAppleに30%を払う必要がない)。ただし、App内に「購読」とか「購入」というボタンを作り、タップするとSafariでApp Store外での購入申し込みページに移動するのは禁止されてるらしい。

相当な反論が噴出していたので改定があったのは喜ばしいこと。

こちらのApple Insider記事にある通り、WWDCに出席していたiOS開発者の半数近くはAndroid向けにも開発をしてるとのこと。理由さえあれば開発者がiOSから別プラットフォームへ移動してしまうこともあるだろうし、Appleとしてもいくらかは折り合いを付けなければいけないと感じたのだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中