驚異のインド式昼食配達システム「ダッバーワーラー」 – DNA

 

ダッバーとはインドでよく使われる金属の弁当箱、ワーラーは「~をする人」の意味ですが、午前中に作ったお弁当を各家庭から集め、お昼までに届けるというお仕事です。
エラー率わずか0.00000625%、驚異のインド式昼食配達システム「ダッバーワーラー」 – DNA

ファーストフードなどの外食産業が発達していなく、かつ温かいご飯を三食食べる習慣が根付いてるインドならではの事業。

各家庭で作られたお弁当を玄関先から収集、列車で運搬してまた再配達するという気の遠くなるような人海戦術。それでも配達エラーは驚異の0.00000625%で、勤続年数も長く、字の読み書きやパソコンなどの職業訓練も兼ねてるという超優良企業。

失礼ながらインドの人達が勤勉でマメというイメージはなかったので、これは驚きの記事だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中