Honeycomb再考―Androidタブレットにも勝機あり(TechCrunch Jp)

 

Xoomに対する悪印象はHoneycomb OSのせいというより、主としてハードウェアのせいだと気づいたからだ。その証拠に、私はその後に登場したGalaxy Tabを大いに楽しんで使っている。ハードウェアを詳細を紹介するのは私の得意とするところではないので省くが、Galaxy Tabの方がずっと軽く、手にもなじみやすいなど、両機種の間には即座にそれとわかるほどの大きな差がある。
Honeycomb再考―Androidタブレットにも勝機あり(TechCrunch Jp)

Android OS 3.0(Honeycomb)の旗手と言われ続けたMotorola Xoomの売上が芳しくないという情報も出てる中、SamsungのGalaxy Tabを持って再評価するこんな声も。

Tech系ニュースに聡い人ほど、いつどの機種を買えばいいのか分からなくなりそうなのがAndroidの(贅沢な)問題か。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中