Androidが世界中でシェア伸ばす

 

調査会社comScoreが発表した最新データによると、Androidは「BlackBerry」を手がけるResearch In Motion(RIM)を抜き去り、スマートフォンOSの米国市場シェアでトップに立った。
「Android」、米市場で「BlackBerry」を抜き首位に–コムスコア調査 – CNET Japan

こちらはアメリカの2011年1月から3月。ついにBlackBerryが首位を明け渡す。

 

MM総研が5月10日発表した2010年度(2010年4月~11年3月)の国内携帯電話出荷調査によると、スマートフォン出荷は855万台で、前年度比約3.7倍に拡大した。各社からAndroid端末の販売が本格化したことで、OS別ではAndroidのシェアが57.4%となり、iOSを逆転した。
AndroidがiPhone逆転 国内スマートフォン出荷3.7倍に・10年度 – ITmedia ニュース

こちらは日本国内の2010年4月から2011年3月。Android端末がiOS端末を逆転し、首位に。端末メーカー別ではまだAppleが37.8%で一位だが、二位がシャープというのも興味深い。スマートフォンが増えてきて、携帯電話メーカーのシェアはどのように変化したのかな?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中