TimeとAppleが定期購読に関する新たな契約を締結?(MacStories)

 

according to a new report by the Wall Street Journal, a new deal between Time Inc. (publisher of iPad magazine apps like Fortune, Sports Illustrated, and Time) should move adoption of subscriptions forward as Apple now allows to give away single-magazine issues away for free to existing print subscribers, directly from the iPad app.
Wall Street Journalの記事によると、FortuneやSports Illustratedなどの雑誌アプリをApp Storeに出してるTimeとAppleは新しい契約を結んだらしい。その契約では、紙の雑誌を定期購読している読者がApp Storeで電子版を無料でダウンロードできるようになる。
Time Inc. Reaches Deal with Apple, Lets Print Subscribers Download Issues for Free(MacStories)

iOSのApp Storeで電子版雑誌を提供している会社が、紙の販促だけを目的としてアプリを提供できないようにするルール(つまり紙の雑誌を定期購読したらアプリをタダで上げる)が数ヶ月前に話題になったけど、大手には個別に優遇契約を結んでると言うことなのかな?

議論を呼んだ点は多分二つで、

  • App Store外(つまり自社のウェブサイトとか)で定期購読を提供している場合は、アプリ内からも同額以下で定期購読を提供しなくてはいけない→アプリ内から定期購読申し込みが出来てしまうとユーザの多くは簡単にできるその方法を選ぶだろうし、その場合Appleへ売上の30%が取られてしまう
  • アプリ内から定期購読を申し込む場合、ユーザは個人情報を提供会社へ渡すかどうかを決めることができる→多くのユーザはこれに同意しないと思われ、紙の定期購読では問答無用で入手できていたユーザの個人情報を広告主へ販売できるので、売上が減る。

 

MacStoriesの記事でも

Publishers are still asking Apple to revise its policy on opt-in sharing of personal information

とあり、ユーザが個人情報送信の許可/不許可を操作できないようには引き続き要望するみたい。だけどこれがより多くの人の目に触れれば、ユーザはApple側へ傾くんじゃないかな。無駄にDMが増えて喜ぶ人は多くないだろうし。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中