iPhone本体(と同期してるiTunes)にユーザの行動履歴が残ってる

 

これらの情報は、端末本体およびバックアップのみに保存され、外部に送信・公開されているという事実は確認されておらず、一般ユーザーであれば直ちに防護策を講じる必要はないかもしれません。
iPhoneがユーザーの行動履歴を保存していることが判明 – Touch Lab – タッチ ラボ

多くのTech系サイトで大きなニュースとなってる、iPhoneの行動履歴保存。ひとまず問題だと考えられるのは:

  • ユーザが保存されてることを知らない(これについては続報有り)
  • iPhone本体と同期してるコンピュータに、暗号化されずに残ってる(家庭でコンピュータを共有してる場合など、簡単に見られてしまう)

の2点だと思われる。コンピュータ本体に残るデータの暗号化については、上記Touch Labさんの記事にある通り、iTunesの設定を変えることで暗号化はされる。iPhone本体に残るデータについても簡単に参照できないようにするべきだろうとは思う。

Engadgetなどによると、本件が明るみに出たのはこれが初めてではなく、ITセキュリティ界隈では既に古いニュースらしい。

また、こうしたデータを収集してるのはスマートフォンに限らず携帯電話では普通の事らしいが、通常はファイアウォールで防御されたキャリア側にデータが蓄積され、裁判所の捜査令状がないと開示されないようになってる。

 

BGRがまとめた記事によると、これはユーザの許可なく行われてるわけではなく、iPhoneでもAndroidでもBlackberryでもWindow Phoneでも登録時のユーザ規約に記述があるらしい。ただやはり素データが見えてしまうのは改善の余地ありだと思うし、そもそもキャリア側ではなく本体に残す必要性はあるのかは疑問。Appleの対応待ち。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中