iPod Touchがアンドロイド普及ツールになりかけているの?

 

つまり、ソフトバンクモバイルのユーザーはiPhoneを、ドコモのユーザーはドコモのスマートフォンを、auのユーザーはauのスマートフォンを購入するという流れが出来上がったのだ。
アンドロイド普及ツールになりかけている「iPod touch」 – ヒット研究所 – 日経トレンディネット

記事タイトルだけ読んで、iPod Touchを買って満足出来ない人がたくさんいて、そのためにAndoirdへ誘導が起きているという事かと思ったけど、全然そういう記事ではなかった。もしくはiPod Touchの中にAndroidを欲しくなるような何かを内包してる、とか。

iPod Touchのように契約や月額料金が必要のない機種でスマートフォンの楽しさ、有用さに目覚めた人達がいざスマートフォンへ機種変更する際、iPhoneではなくAndoird機を選びたがってる、と言いたいらしい。スマートフォンであっても結局キャリアが重要だって事。iPhoneが欲しくてもSoftbankの通信網じゃ不安だったらDocomoかauの機種から探すことになる。

つまりこの記事で言いたいことは、iPhoneも多キャリアから出さないとシェア伸びないぞって事でしょ。日本で言えば、auやDocomoからSoftbankへ移るほどiPhoneに魅力を感じる人ばかりではないし、防水やらiモードなんかの独自機能を必要とする人にも対応しないとどんどんAndroidに負けちゃうばかりだぞ、と。

もう1つ言えることは、iPhoneの苦境のメカニズムは、かつてパソコンの世界でアップルのマッキントッシュが辿った道に非常によく似ているということだ。

4ページにわたる記事を要約すると、この鈴木貴博氏は良く唱えられてる「Win:Mac=Android:iPhone」説の支持者ってこと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中