iOS Appストアの定期購読モデル

 

アプリの外でデジタルサブスクリプションを販売する場合、同じサブスクリプションをiOSアプリ内でも同額またはより低価格で提供することをAppleは課している

米Apple、App Storeサブスクリプション開始、ユーザーにはやさしいが… | パソコン | マイコミジャーナル

先日リリースされたNew CorpのThe Dailyアプリで初めて採用された、iTunesアカウント課金を利用した定期購読サービスが一般開放。ただし、アプリ外での定期購読を提供してる場合には、iOSアプリ内でも定期購読を申し込める方法を導入しないといけなく、iOSアプリ経由で定期購読を申し込んだ分は例の30/70ルールが適用される(売上の30%がApple、70%が販売元)。

さらに、iOSアプリ経由の定期購読だけ価格を上げることは禁止。具体的には、Appleへ渡る30%をユーザ向け価格に上乗せすることは禁止。その結果、

いま独自ストアで定期購読コンテンツを提供している業者にとっては、App Storeでも同じ条件で提供しなければならない、そうするとおそらく多くのユーザはワンクリックで利用できるApp Storeを選ぶ、そして売上の30%がアップルに取られる、というコンボになります。
App Storeの定期購読モデルが一般開放、独自ストアとの併用を義務化(Engadget Japan)

これはAppleからしたらAppストアを単なる宣伝材料に使われないように、そこを通して商売が活性化するのなら場代を徴収するようなイメージだし、紙媒体のおまけにではなくデジタル版のみが欲しいユーザにとってもアプリ内から定期購読申し込みができるメリットがある。

デメリットが全てコンテンツ配信側に寄せられた印象のサービスだけど、やっぱり一部の配信者は反対で、共同声明を用意してるらしい。

彼ら(引用注:MOG、Rhapsody、Rdioのこと)には30%のマージンを払うような余裕はない。レコード会社や音楽出版社がすでに10ドルの会費から8ドルぐらいを取っている。Rhapsodyは今朝(米国時間2/15)、Appleに文句を言ったようだ。聞いたところによると、水曜日(米国時間2/16)の朝には、オンライン音楽ストリーミングサービスの多くが連名でAppleのやり方を非難する声明を出すらしい。

音楽ストリーミングサービスに残酷な刑罰を与えるApple(TechCrunch Japan)

これは音楽ストリーミング会社がレコード会社・音楽出版社と交渉し直し、利益確保ができないのならiOSから撤退するしかないんじゃないかな。そして利益確保の方法を編み出した音楽ストリーミングサービスがiOSユーザ分だけ会員獲得する、と。

GoogleがAndroidでこの辺フリーダムにしたら、音楽ストリーミングをスマートフォンで楽しみたかったらAndroidで!みたいな時代になるのかな。その場合、Googleは別にかまわないのか、もしくはGoogleを通した広告を挟むことを強要するのかな。CMが入る今のラジオに近い感じだけど、結局そこに落ち着くのか。さて

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中