NECがモバイルギア後継シリーズを発表、3月から販売開始

2/16追記2:ASCIIではインタビュー記事が上がってた。キーボードの一部をカスタマイズ出来るようにしたり、ライフノートなどの独自アプリをインストールした状態で出荷してるため、またもやOSのアップデートに対応できるか微妙そう。インタビューでもその点は触れていて、NEC担当者の回答としては

元々の考え方として、『Androidに現状で最適なハードウェア構成で発売する』というものがあります。今回はTegra 250+Android 2.2での最適解を作ったのがコレ、ということです

例えばiPod touchも、古い製品ではOSをアップデートすると動かなくなる機能があります。バランスが崩れるとはそういうことです。ちゃんと『Honeycomb』(Android 3.0)を使いこなせるものになるかどうかは、まだコメントできません

と、とても歯切れの悪い回答。iPod Touchを例に挙げてるけど、古い機種がサポートされなくなるのは平均して2年経ってからなので、現状Androidユーザが受けてしまっている数ヶ月でサポート打ち切り、とはまた違うと思うな。NECはこの機種をどうサポートしていくつもりなのか。

2/16追記:早速PC Watchにレビュー記事が。肝心のキーボードが少し特殊(全角/半角キーが独立してない)のはどうだろう。

01_px250.jpg1996年に同社が発売したPDA「モバイルギア」を彷彿させる形状で、キー入力しやすいのが特徴だ
NECがAndroid搭載の「LifeTouch NOTE」を発表、ATOKとキーボードで高い入力性を実現 – デジタル – 日経トレンディネット

これは良さそう。モバイルギアは一部に熱心なファンを獲得したみたいだし、Android搭載でエディタやFEPを柔軟に、自分好みにカスタマイズできそう。モバイルギアはキーボードの質が高く、長文の入力がし易いことがウリだったらしいから、今回も良質なキーボードを搭載してくるだろう。

重量699gってのに驚いたんだけど、昔のもこんなに重かったのかな?調べたら昔のMC/R550って機種で750gだったみたい。8.1型液晶+キーボードだからこんなもんか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中